ノーベル医学 生理学 賞 歴代 6

ノーベル医学・生理学賞にアメリカなどの研究者3人 | NHKニュース . 国際ニュースランキング. Line: 479 Function: view, File: /home/ah0ejbmyowku/public_html/index.php Function: _error_handler, File: /home/ah0ejbmyowku/public_html/application/views/page/index.php Function: require_once, Message: Undefined variable: user_membership, File: /home/ah0ejbmyowku/public_html/application/views/user/popup_modal.php 死者が投票? 米大統領選の有権者名簿に2万1000人の死亡者の名前があると民間団体が提訴(米) 2 「執権欲に狂った老いぼれ」バイデンを罵倒した金正恩の焦り. USA)名誉研究フェロー ウィリアム・キャンベル(William C. Campbell)博士と共に、2015年ノーベル生理学・医学賞を受賞いたしました。 ノーベル賞受賞に関する問い合わせ先 2015 ノーベル生理学医学賞 受賞 学校法人北里研究所北里大学 特別栄誉教授 大村 智 博士は、ドリュー大学(Drew Univ. ノーベル賞bot(@NobelPrizebot)に登録したノーベル生理学・医学賞データをテキストに落としこんだものです。「\n」は改行コードです。, QuizKnock山本さんが紹介しているクイズ作成方法を応用すれば、自作ノーベル賞クイズ作れますね!, 【分野】生物・医学\n【年度】1901年\n【名前】エミール・アドルフ・フォン・ベーリング\n【国籍】ドイツ帝国\n【受賞理由】血清療法の研究\n【備考】特にジフテリアに対するものによって、医学の新しい分野を切り開き、生理学物の手に疾病や死に勝利する手段を提供、北里柴三郎と共同研究【分野】生物・医学\n【年度】1902年\n【名前】ロナルド・ロス\n【国籍】イギリス\n【受賞理由】マラリアの感染経路の研究と対抗手段研究基礎の構築\n【備考】マラリア原虫がハマダラカの胃にいることを実証【分野】生物・医学\n【年度】1903年\n【名前】ニールス・フィンセン\n【国籍】デンマーク\n【受賞理由】尋常性狼痕(真性皮膚結核)への光線治療法の開拓\n【備考】デンマーク人初のノーベル賞受賞者【分野】生物・医学\n【年度】1904年\n【名前】イワン・パブロフ\n【国籍】ロシア帝国\n【受賞理由】消化生理の研究\n【備考】パブロフの犬【分野】生物・医学\n【年度】1905年\n【名前】ロベルト・コッホ\n【国籍】ドイツ帝国\n【受賞理由】結核に関する研究と発見\n【備考】炭疽菌、結核菌、コレラ菌の発見者。ルイ・パスツールとともに「近代細菌学の開祖」とされる【分野】生物・医学\n【年度】1906年\n【名前】カミッロ・ゴルジ、サンディアゴ・ラモン・イ・カハール\n【国籍】イタリア、スペイン\n【受賞理由】神経系の構造研究\n【備考】神経系はニューロンという非連続の単位から構成され、細胞体、樹状突起、軸索はシナプスによって互いに連絡する【分野】生物・医学\n【年度】1907年\n【名前】シャルル・ルイ・アルフォンス・ラヴラン\n【国籍】フランス\n【受賞理由】疾病発生における原虫類の役割に関する研究\n【備考】マラリア原虫を発見【分野】生物・医学\n【年度】1908年\n【名前】イリヤ・メチニコフ、パウル・エールリヒ\n【国籍】ロシア帝国、ドイツ帝国\n【受賞理由】免疫の研究\n【備考】白血球の食作用を提唱(メチニコフ)、植物性蛋白毒素リチン・アブリン・ロビンをはじめ、抗原抗体の特異性を明らかに(エールリヒ)【分野】生物・医学\n【年度】1909年\n【名前】エーミール・コッハー\n【国籍】スイス\n【受賞理由】甲状腺の生理学、病理学および外科学的研究\n【備考】【分野】生物・医学\n【年度】1910年\n【名前】アルブレヒト・コッセル\n【国籍】ドイツ帝国\n【受賞理由】核酸物質を含む、タンパク質に関する研究による細胞化学の知見への寄与\n【備考】【分野】生物・医学\n【年度】1911年\n【名前】アルヴァル・グルストランド\n【国籍】スウェーデン\n【受賞理由】眼の屈折機能に関する研究\n【備考】眼の屈折機能の研究に物理数学的手法を適用【分野】生物・医学\n【年度】1912年\n【名前】アレクシス・カレル\n【国籍】フランス\n【受賞理由】血管縫合および臓器の移植に関する研究\n【備考】【分野】生物・医学\n【年度】1913年\n【名前】シャルル・ロベール・リシェ\n【国籍】フランス\n【受賞理由】アナフィラキシー・ショックに関する研究\n【備考】アレルギー研究の父、アナフィラキシーはギリシャ語の無防備にちなむ\nエクトプラズムの命名者【分野】生物・医学\n【年度】1914年\n【名前】ローベルト・バーラーニ\n【国籍】オーストリア・ハンガリー帝国\n【受賞理由】内耳系の生理学および病理学に関する研究\n【備考】めまいの研究、三半規管が体の位置感覚を生むことを確認【分野】生物・医学\n【年度】1919年\n【名前】ジュール・ポルテ\n【国籍】ベルギー\n【受賞理由】免疫に関する諸発見\n【備考】補体結合反応の発見、百日咳の病原体を発見【分野】生物・医学\n【年度】1920年\n【名前】アウグスト・クローグ\n【国籍】デンマーク\n【受賞理由】毛細血管運動に関する調整機構の発見\n【備考】細動脈や毛細血管の開閉による血液循環の制御に関して初めて記述【分野】生物・医学\n【年度】1922年\n【名前】アーチボルト・ヒル、オットー・マイヤーホフ\n【国籍】イギリス、ドイツ帝国\n【受賞理由】筋肉中の熱生成に関する発見、筋肉における乳酸生成と酵素消費の固定的関連の発見\n【備考】【分野】生物・医学\n【年度】1923年\n【名前】フレデリック・バンディング、ジョン・ジェームス・リチャード・マクラウド\n【国籍】カナダ、イギリス\n【受賞理由】インスリンの発見\n【備考】糖尿病の治療に大きく貢献、発見から2年で異例の速さで授賞【分野】生物・医学\n【年度】1924年\n【名前】ウィレム・アイントホーフェン\n【国籍】オランダ\n【受賞理由】心電図の機構の発見\n【備考】電極の設置位置を示すアイントーベンの三角形は彼の名にちなむ【分野】生物・医学\n【年度】1926年\n【名前】ヨハネス・フィビゲル\n【国籍】デンマーク\n【受賞理由】寄生虫発がん説に関する研究\n【備考】線虫の1種がネズミの胃ガンを引き起こすことを発見。しかし現在では誤りであったとされている【分野】生物・医学\n【年度】1927年\n【名前】ユリウス・ワーグナー=ヤウレック\n【国籍】オーストリア\n【受賞理由】麻痺性痴呆に対するマラリア接種の治療効果の発見\n【備考】危険度が高いため現在では行われていない治療【分野】生物・医学\n【年度】1928年\n【名前】シャルル・ジュール・アンリ・ニコル\n【国籍】フランス共和国\n【受賞理由】チフスに関する研究\n【備考】【分野】生物・医学\n【年度】1929年\n【名前】クリスティアーン・エイクマン、フレデリック・ホプキンズ\n【国籍】オランダ、イギリス\n【受賞理由】抗神経炎ビタミン、成長促進ビタミンの発見\n【備考】現在ビタミンとして知られる微量粒子が健康の維持に必須であることの発見\n【分野】生物・医学\n【年度】1930年\n【名前】カール・ラントシュタイナー\n【国籍】オーストリア\n【受賞理由】ヒトの血液型の発見\n【備考】発表時点ではAB型以外の3種であり、A,B,C型としていた【分野】生物・医学\n【年度】1931年\n【名前】オットー・ワールブルク\n【国籍】ドイツ国\n【受賞理由】呼吸酵素の特性および作用機構の発見\n【備考】腫瘍の代謝および細胞(主にガン細胞)の呼吸の研究を行い、黄色酵素の性質と製造法を発見【分野】生物・医学\n【年度】1932年\n【名前】チャールズ・シェリントン、エドガー・エイドリアン\n【国籍】イギリス\n【受賞理由】神経細胞の機能に関する発見\n【備考】近代神経生理学のパイオニアでシナプスの命名者(シェリントン)【分野】生物・医学\n【年度】1933年\n【名前】トーマス・ハント・モーガン\n【国籍】アメリカ\n【受賞理由】遺伝における染色体の役割に関する発見\n【備考】キイロショウジョウバエを用いた研究で古典遺伝学の発展に貢献し、染色体が遺伝子の担体であるという染色体説を実証【分野】生物・医学\n【年度】1934年\n【名前】ジョージ・H・ウィップル、ジョージ・リチャーズ・マイノット、ウィリアム・P・マーフィー \n【国籍】アメリカ\n【受賞理由】貧血に対する肝臓療法に関する発見\n【備考】悪性貧血の治療には肝臓に多く含まれるビタミンB12が有効であると発見【分野】生物・医学\n【年度】1935年\n【名前】ハンス・シュペーマン\n【国籍】ドイツ国\n【受賞理由】胚発生における誘導作用の発見\n【備考】両生類の胚を用い、初の体細胞核移植を成功させた(クローン技術の始まり)【分野】生物・医学\n【年度】1936年\n【名前】ヘンリー・ハレット・デール、オットー・レーヴィ\n【国籍】イギリス、アメリカ(オーストリア)\n【受賞理由】神経刺激の化学的伝達に関する発見\n【備考】アセチルコリンが神経インパルスの伝達物質となっていることを発見【分野】生物・医学\n【年度】1937年\n【名前】アルベルト・セント=ジェルジ\n【国籍】ハンガリー王国\n【受賞理由】生物学的燃焼過程、特にビタミンCおよびフマル酸の触媒作用に関する発見\n【備考】ビタミンCの発見、フマル酸が呼吸反応(TCA回路)で重要な段階をなすことを発見【分野】生物・医学\n【年度】1938年\n【名前】コルネイユ・ハイマンス\n【国籍】ベルギー\n【受賞理由】呼吸調節における静脈洞と大動脈機構の役割の発見\n【備考】血圧や血液中の酸素の含量が体の各部でどのように認識され、大脳に情報が届けられるかを示した【分野】生物・医学\n【年度】1939年\n【名前】ゲルハルト・ドーマク\n【国籍】ドイツ国\n【受賞理由】プロントジルの抗菌効果の発見\n【備考】プロントジルは最初のサルファ剤(スルホンアミド部位を持つ合成抗菌剤)【分野】生物・医学\n【年度】1943年\n【名前】カール・ピーター・ヘンリク・ダム、エドワード・アダルバード・ドイシー\n【国籍】デンマーク、アメリカ\n【受賞理由】ビタミンKの発見\n【備考】血液の凝固に必要な成分【分野】生物・医学\n【年度】1944年\n【名前】ジョセフ・アーランガー、ハーバート・ガッサー\n【国籍】アメリカ\n【受賞理由】個々の神経線維の高度に分化された機能に関する諸発見\n【備考】神経線維の膜電位の変化【分野】生物・医学\n【年度】1945年\n【名前】アレクサンダー・フレミング、エンルスト・ボルス・チェーン、ハワード・フローリー\n【国籍】イギリス、イギリス、オーストラリア\n【受賞理由】ペニシリンの発見、および種々の伝染病に対するその治療効果の発見\n【備考】世界初の抗生物質【分野】生物・医学\n【年度】1946年\n【名前】ハーマン・J・マラー\n【国籍】アメリカ\n【受賞理由】X線照射による突然変異体発生の発見 \n【備考】ショウジョウバエによる人為的突然変異【分野】生物・医学\n【年度】1947年\n【名前】カール・コリ、ゲルティー・コリ、バーナート・ウッセイ\n【国籍】アメリカ(チェコスロバキア)、アルゼンチン\n【受賞理由】グリコーゲンの触媒的分解経路の発見、脳下垂体前葉ホルモンの糖代謝における役割の発見\n【備考】【分野】生物・医学\n【年度】1948年\n【名前】パウル・ヘルマン・ミュラー\n【国籍】スイス\n【受賞理由】多数の節足動物に対するDDT(ジクロロジフェニルトリクロロエタン)の接触毒としての強力な作用の発見\n【備考】有機塩素系の殺虫剤、食物連鎖による生物濃縮のため後に使用禁止に【分野】生物・医学\n【年度】1949年\n【名前】ヴァルター・ルドルフ・ヘス、アントニオ・エガス・モニス\n【国籍】スイス、ポルトガル\n【受賞理由】内臓の活動を統合する間脳(自律神経の中枢)の機能組織の発見、ある種の精神病に対する前額部大脳神経切断(ロボトミー)の治癒的価値の発見\n【分野】生物・医学\n【年度】1950年\n【名前】エドワード・カルビン・ケンダム、タデウシュ・ライヒスタイン、フィリップ・ショウォルター・ヘンチ\n【国籍】アメリカ、スイス(ポーランド)、アメリカ\n【受賞理由】諸種の副腎皮脂ホルモンの発見およびその構造と生物学的作用の発見\n【備考】【分野】生物・医学\n【年度】1951年\n【名前】マックス・タイラー\n【国籍】南アフリカ連邦\n【受賞理由】黄熱およびその治療法に関する発見\n【備考】【分野】生物・医学\n【年度】1952年\n【名前】セルマン・ワクスマン\n【国籍】アメリカ(ウクライナ)\n【受賞理由】結核に有効な初の抗生物質であるストレプトマイシンの発見\n【備考】抗生物質(antibiotics)の名付け親【分野】生物・医学\n【年度】1953年\n【名前】ハンス・クレブス、フリッツ・アルベルト・リップマン\n【国籍】イギリス(ドイツ)、アメリカ(ドイツ)\n【受賞理由】クエン酸回路の発見、コエンザイムAおよびその中間代謝における重要性の発見\n【備考】【分野】生物・医学\n【年度】1954年\n【名前】ジョン・フランクリン・エンダース、トーマス・ハックル・ウェーラー、フレデリック・チャップマン、ロビンス\n【国籍】アメリカ\n【受賞理由】種々の組織培地におけるポリオウィルスの生育能の発見\n【備考】大量培養に成功しワクチンの開発を促進【分野】生物・医学\n【年度】1955年\n【名前】ヒューゴ・テウレル\n【国籍】スウェーデン\n【受賞理由】酸化酵素の性質および作用機序の発見\n【備考】腎臓でアルコールを分解するアルコール脱水素酵素研究の先駆け【分野】生物・医学\n【年度】1956年\n【名前】アンドレ・フレデリック・クルナン、ディキソン・W・リチャーズ、ヴェルナー・フォルスマン\n【国籍】アメリカ、アメリカ、西ドイツ\n【受賞理由】心臓カテーテル法、および循環器系に生ずる病理学上の変化に関する発見\n【備考】【分野】生物・医学\n【年度】1957年\n【名前】ダニエル・ボベット\n【国籍】イタリア(スイス)\n【受賞理由】ある種の体内物質の作用を阻害する合成化合物、特に血管系および骨格筋に関するものの発見\n【備考】アレルギーの治療薬として抗ヒスタミン薬を作成【分野】生物・医学\n【年度】1958年\n【名前】ジョージ・ウェルズ・ビードル、エドワード・ローリー・タータム、ジョシュア・レダーバーグ\n【国籍】アメリカ\n【受賞理由】遺伝子が厳密に化学過程の調節によって働くことの発見、遺伝子組換えおよび細菌の遺伝物質に関する発見\n【備考】【分野】生物・医学\n【年度】1959年\n【名前】セベロ・オチョア、アーサー・コーンバーグ\n【国籍】アメリカ(スペイン)、アメリカ\n【受賞理由】リボ核酸(RNA)およびデオキシリボ核酸(DNA)の生合成機構の発見\n【備考】DNAは核内で情報の蓄積・保存、RNAはその情報の処理を担う【分野】生物・医学\n【年度】1960年\n【名前】フランク・マクファーレン・バーネット、ピーター・メダワー\n【国籍】オーストラリア、イギリス(ブラジル)\n【受賞理由】後天的免疫寛容の発見\n【備考】白血球がどのように抗体を破壊の目標にするか(クローン選択説)の確立(臓器移植の基盤)【分野】生物・医学\n【年度】1961年\n【名前】ゲオルク・フォン・ベーケーシー\n【国籍】アメリカ(ハンガリー王国)\n【受賞理由】内耳蝸牛における刺激の物理的機構の発見\n【備考】異なった周波数の音波は蝸牛から大脳へと続く神経細胞に達するまでに部分的に消失すると結論づけたが後に否定【分野】生物・医学\n【年度】1962年\n【名前】ジェームズ・ワトソン、フランシス・クリック、モーリス・ウィルキンス\n【国籍】アメリカ、イギリス、イギリス(ニュージーランド)\n【受賞理由】核酸の分子構造および生体の情報伝達におけるその重要性の発見\n【備考】DNAの二重螺旋構造の発見【分野】生物・医学\n【年度】1963年\n【名前】ジョン・カリュー・エクレス、アラン・ロイド・ホジキン、アンドリュー・フィールディング・ハクスリー\n【国籍】オーストラリア、イギリス×2\n【受賞理由】神経細胞膜の末梢および中枢部における興奮と抑制に関するイオン機構の発見\n【備考】【分野】生物・医学\n【年度】1964年\n【名前】コンラート・ブロッホ、フェオドル・リュネン\n【国籍】アメリカ(ドイツ)、西ドイツ\n【受賞理由】コレステロールおよび脂肪酸代謝の機構と調節に関する発見\n【備考】コレステロールの生合成やビオチン(ビタミンB7)の作用機構の重要な発見【分野】生物・医学\n【年度】1965年\n【名前】フランソア・ジャコブ、アンドレ・ルウォフ、ジャック・モノー\n【国籍】フランス\n【受賞理由】酵素およびウィルス合成の遺伝的制御に関する発見\n【備考】ゲノム上に存在する機能的な単位のひとつであり、発現制御機構の概念(オペロン説)提唱【分野】生物・医学\n【年度】1966年\n【名前】ペイトン・ラウス、チャールズ・ブレントン・ハギンス\n【国籍】アメリカ、アメリカ(カナダ)\n【受賞理由】腫瘍ウィルスの発見、前立腺ガンのホルモン療法に関する発見\n【備考】ガンが化学物質で制御できる初めての成果【分野】生物・医学\n【年度】1967年\n【名前】ラグナー・グラニト、ハルダン・ケファー・ハートライン、ジョージ・ワルド\n【国籍】スウェーデン(フィンランド)、アメリカ、アメリカ\n【受賞理由】視覚の化学的、生理学的基礎過程に関する発見\n【備考】網膜の電気的応答の研究【分野】生物・医学\n【年度】1968年\n【名前】ロバート・W・ホリー、ハー・ゴビンド・コラナ、マーシャル・ニーレンバーグ\n【国籍】アメリカ\n【受賞理由】遺伝暗号とそのタンパク質合成における機能の解明\n【備考】アラニンの運搬RNAを介してDNAとタンパク質合成を結びつけた 【分野】生物・医学\n【年度】1969年\n【名前】マックス・デルブリュック、アルフレッド・ハーシー、サルバドール・エドワード・ルリア\n【国籍】アメリカ(ドイツ)、アメリカ、アメリカ(イタリア)\n【受賞理由】ウィルスの複製機構と遺伝的構造の発見\n【備考】細菌のウィルス抵抗性は突然変異【分野】生物・医学\n【年度】1970年\n【名前】ベルンハルト・カッツ、ウルフ・スファンテ・フォン・オイラー、ジュリアス・アクセルロッド\n【国籍】イギリス、スウェーデン、アメリカ\n【受賞理由】神経末梢部における液性伝達物質およびその貯蔵、解離、不活性化の機構に関する発見\n【備考】【分野】生物・医学\n【年度】1971年\n【名前】エール・サザランド\n【国籍】アメリカ\n【受賞理由】ホルモンの作用機作に関する発見\n【備考】環状アデノシン一リン酸【分野】生物・医学\n【年度】1972年\n【名前】ジェラルド・モーリス・エデルマン、ロドニー・ロバート・ポーター\n【国籍】アメリカ、イギリス\n【受賞理由】抗体の化学構造に関する発見\n【備考】抗体分子の一次構造および二次構造の解明【分野】生物・医学\n【年度】1973年\n【名前】コンラート・ローレンツ、カール・フォン・フリッシュ、ニコ・ティンハーゲン\n【国籍】オーストリア、ドイツ(オーストリア)、イギリス(オランダ)\n【受賞理由】個体的および社会的行動様式の組織化と誘発に関する発見\n【備考】近代動物行動学【分野】生物・医学\n【年度】1974年\n【名前】アルベルト・クラウデ、クリスチャン・ド・デューブ、ジョージ・エミール・パラーデ\n【国籍】ベルギー、ベルギー(イギリス)、アメリカ(ルーマニア)\n【受賞理由】細胞の構造的機能的組織に関する発見\n【備考】細胞小器官の解明【分野】生物・医学\n【年度】1975年\n【名前】レナート・ドゥルベッコ、ハワード・マーティン・テミン、デビッド・ボルティモア\n【国籍】アメリカ(イタリア)、アメリカ、アメリカ\n【受賞理由】腫瘍ウィルスと細胞内の遺伝物質との相互作用に関する発見\n【備考】その後の癌に関する研究の基礎【分野】生物・医学\n【年度】1976年\n【名前】バルチ・ブランバーグ、ダニエル・カールトン・ガジュセック\n【国籍】アメリカ\n【受賞理由】感染症の起源および伝搬の新たな機構の発見\n【備考】前者はB型肝炎ウィルスの発見、その診断法とワクチンの開発、後者はクールー病【分野】生物・医学\n【年度】1976年\n【名前】バルチ・ブランバーグ、ダニエル・カールトン・ガジュセック\n【国籍】アメリカ\n【受賞理由】感染症の起源および伝搬の新たな機構の発見\n【備考】前者はB型肝炎ウィルスの発見、その診断法とワクチンの開発、後者はクールー病【分野】生物・医学\n【年度】1977年\n【名前】ロジェ・ギルマン、アンドリュー・シャーリー、ロサリン・ヤロー\n【国籍】アメリカ(フランス)、アメリカ(ポーランド)、アメリカ\n【受賞理由】脳のペプチドホルモン産生に関する発見、PHのラジオイムノアッセイ法の開発(ヤロー)\n【備考】【分野】生物・医学\n【年度】1978年\n【名前】ダニエル・ネーサンズ、ハミルトン・スミス、ヴェルナー・アーバー\n【国籍】アメリカ、アメリカ、スイス\n【受賞理由】制限酵素の発見と分子遺伝学への応用\n【備考】制限酵素は2本鎖のDNAを切断する。遺伝子組み換えに多用 【分野】生物・医学\n【年度】1979年\n【名前】ゴッドフリー、ハウンズフィールド、アラン・コーマック\n【国籍】イギリス、アメリカ(南アフリカ)\n【受賞理由】コンピュータ断層撮影の開発\n【備考】CT装置の原型【分野】生物・医学\n【年度】1980年\n【名前】バルフ・ベナセラフ、ジャン・ドーセ、ジョージ・スネル\n【国籍】アメリカ、フランス、アメリカ\n【受賞理由】細胞表面について免疫細胞を調節する、遺伝的に決定された機能に関する発見\n【備考】主要組織適合遺伝子複合体(MHC)【分野】生物・医学\n【年度】1981年\n【名前】ロジャー・スペリー、デイビット・ヒューベル、トルステン・ウィーセル\n【国籍】アメリカ、アメリカ(カナダ)、スウェーデン\n【受賞理由】大脳半球の機能分化に関する発見(スペリー)、視覚系における情報処理に関する発見\n【備考】【分野】生物・医学\n【年度】1982年\n【名前】スネ・べリストローム、ベンクト・サミュエルソン、ジョン・ベーン\n【国籍】スウェーデン、スウェーデン、イギリス\n【受賞理由】プロスタグランジンおよびそれに関わる生物学的活性物質の発見\n【備考】【分野】生物・医学\n【年度】1983年\n【名前】バーバラ・マクリントック\n【国籍】アメリカ\n【受賞理由】可動遺伝因子の発見\n【備考】トランスポゾン。ゲノム上の位置を転移できる塩基配列。突然変異の原因となりうる【分野】生物・医学\n【年度】1984年\n【名前】ニールス・イェルネ、ジョルジュ・J・F・ケーラー、セーサル・ミルスタイン\n【国籍】デンマーク、ドイツ、アルゼンチン\n【受賞理由】免疫系の発達と制御における選択制に関する諸理論、およびモノクローナル抗体の作成原理の発見\n【備考】【分野】生物・医学\n【年度】1985年\n【名前】マイケル・ブラウン、ヨセフ・ゴールドスタイン\n【国籍】アメリカ、アメリカ\n【受賞理由】コレステロール代謝の調節に関する発見\n【備考】人間の細胞が、血流からコレステロールを抽出する低密度リボプロテイン受容体を持っていることを発見【分野】生物・医学\n【年度】1986年\n【名前】リータ・レーヴィ=モンタルチーニ、スタンリー・コーエン\n【国籍】イタリア、アメリカ\n【受賞理由】成長因子の発見\n【備考】動物体内において、特定の細胞の増殖や分化を促進するタンパク質の総称【分野】生物・医学\n【年度】1987年\n【名前】利根川進\n【国籍】日本\n【受賞理由】抗体の多様性に関する遺伝的原理の発見\n【備考】免疫グロブリン(抗体)の特異な遺伝子構造を解明【分野】生物・医学\n【年度】1988年\n【名前】ジェームス・ブラック、ガードルード・エリオン、ジョージ・ヒッジングス\n【国籍】イギリス、アメリカ、アメリカ\n【受賞理由】薬物療法における重要な原理の発見\n【備考】標的分子を特定しそれに選択的な低分子阻害薬を開発する手法【分野】生物・医学\n【年度】1989年\n【名前】J・マイケル・ビショップ、ハロルド・ヴァーマス\n【国籍】アメリカ\n【受賞理由】レトロウィルスのがん遺伝子が細胞起源であることの発見\n【備考】正常な遺伝子から悪性腫瘍にどのように変化するかが解るようになった【分野】生物・医学\n【年度】1990年\n【名前】ヨセフ・マレー、エドワード・ドナル・トーマス\n【国籍】アメリカ\n【受賞理由】ヒトの疾患治療における臓器および細胞移植に関する発見\n【備考】世界で最初の腎移植(マレー)、白血病治療としての骨髄移植(トーマス)【分野】生物・医学\n【年度】1991年\n【名前】エルヴィン・ネーアー、ベルト・ザクマン\n【国籍】ドイツ\n【受賞理由】細胞における単独のイオンチャネルの機能に関する発見\n【備考】パッチクランプ法の開発、電気生理学、神経科学領域の標準的な手法となっている【分野】生物・医学\n【年度】1992年\n【名前】エドモント・フィッシャー、エドヴィン・クレーブス\n【国籍】スイス(アメリカ)、アメリカ\n【受賞理由】生体制御機構としての可逆的タンパク質リン酸化の発見\n【備考】ホルモンとカルシウムによって起きる反応(グリコーゲンホスホリラーゼ)【分野】生物・医学\n【年度】1993年\n【名前】リチャード・ロバーツ、フィリップ・シャープ\n【国籍】イギリス、アメリカ\n【受賞理由】分断された遺伝子の発見\n【備考】イントロン(アミノ酸配列には翻訳されない塩基配列)の発見【分野】生物・医学\n【年度】1994年\n【名前】アルフレッド・ギルマン、マーティン・ロッドベル\n【国籍】アメリカ\n【受賞理由】Gタンパク質およびそれらの細胞内情報伝達における役割の発見\n【備考】GTPまたはGDPを結合して活性のオンオフを行うことにより細胞内情報伝達に関与する 【分野】生物・医学\n【年度】1995年\n【名前】エドワード・ルイス、クリスティアーネ・ニュスライン=フォルハルト、エリック・ヴィーシャウス\n【国籍】アメリカ、ドイツ、アメリカ\n【受賞理由】初期胚発生における遺伝的制御に関する発見\n【備考】進化遺伝学の基礎【分野】生物・医学\n【年度】1996年\n【名前】ピーター・ドハーティー、ロルフ・ツィンカーナーゲル\n【国籍】オーストラリア、スイス\n【受賞理由】細胞性免疫制御の特異性に関する研究\n【備考】T細胞がターゲットの抗原を認識する方法を発見【分野】生物・医学\n【年度】1997年\n【名前】スタンリー・B・プルシナー\n【国籍】アメリカ\n【受賞理由】プリオン-感染症の新たな生物学的原理-の発見\n【備考】タンパク質からなる感染性因子であるプリオンが病原性因子であることの発見\n【分野】生物・医学\n【年度】1998年\n【名前】ロバート・ファーチゴッド、ルイ・イグナロ、フェリド・ムラド\n【国籍】アメリカ\n【受賞理由】循環器系における情報伝達物質である一酸化窒素に関する発見\n【備考】内皮細胞中に血液を弛緩させる物質が一酸化窒素であることを解明【分野】生物・医学\n【年度】1999年\n【名前】ギュンター・ブローベル\n【国籍】アメリカ\n【受賞理由】タンパク質が細胞内での輸送と局在化を司る信号を内在していることの発見\n【備考】シグナルペプチド【分野】生物・医学\n【年度】2000年\n【名前】アービド・カールソン、ポール・グリーンガード、エリック・カンデル\n【国籍】スウェーデン、アメリカ、アメリカ\n【受賞理由】神経系における情報伝達に関する発見\n【備考】ドーパミンによるパーキンソン病治療(カー)、イオンチャネル(グ)【分野】生物・医学\n【年度】2001年\n【名前】リーランド・ハートウェル、ティム・ハント、ポール・ナース\n【国籍】アメリカ、イギリス、イギリス\n【受賞理由】細胞周期における主要な制御因子の発見\n【備考】cdc28(細胞周期制御の中心的役割)【分野】生物・医学\n【年度】2002年\n【名前】シドニー・ブレナー、ロバート・ホロビッツ、ジョン・サルストン\n【国籍】イギリス、アメリカ、イギリス\n【受賞理由】器官発生とプログラム細胞死の遺伝制御に関する発見\n【備考】細胞の自殺(アポトーシス)【分野】生物・医学\n【年度】2003年\n【名前】ポール・ラウターバー、ピーター・マンスフィールド\n【国籍】アメリカ、イギリス\n【受賞理由】核磁気共鳴画像法に関する発見\n【備考】MRI(magnetic resonance imaging) 【分野】生物・医学\n【年度】2004年\n【名前】リチャード・アクセル、リンダ・バック\n【国籍】アメリカ\n【受賞理由】嗅覚受容体および嗅覚系組織の発見\n【備考】嗅細胞にあるGタンパク質結合受容体の一種【分野】生物・医学\n【年度】2005年\n【名前】バリー・マーシャル、ロビン・ウォレン\n【国籍】オーストラリア\n【受賞理由】ヘリコバクター・ピロリおよびその胃炎や胃潰瘍における役割の発見\n【備考】ヒトの胃などに生息するグラム陰性微好気性細菌【分野】生物・医学\n【年度】2006年\n【名前】アンドリュー・ファイアー、クレイグ・メロー\n【国籍】アメリカ\n【受賞理由】RNA干渉-二重鎖RNAによる遺伝子サイレンシング-の発見 \n【備考】二本鎖RNAと相補的な塩基配列を持つmRNAが分解される現象 【分野】生物・医学\n【年度】2007年\n【名前】マリオ・カペッキ、マーティン・エバンス、オリヴァー・スミティーズ\n【国籍】アメリカ、イギリス、アメリカ\n【受賞理由】胚性幹細胞を用いての、マウスへの特異的な遺伝子改変の導入のための諸発見\n【備考】ES細胞、ノックアウトマウス【分野】生物・医学\n【年度】2008年\n【名前】ハラルド・ツア・ハウゼン、フランソワーズ・バレ=シヌシ、リュック・モンタニエ\n【国籍】ドイツ、フランス*2\n【受賞理由】子宮頸癌を引き起こすヒトパピローマウィルスの発見(ハウゼン)、ヒト免疫不全ウィルス(HIV)の発見\n【備考】【分野】生物・医学\n【年度】2009年\n【名前】エリザベス・H・ブラックバーン、キャロル・W・グライダー、ジャック・W・ショスタス\n【国籍】アメリカ、アメリカ、アメリカ(イギリス)\n【受賞理由】テロメアとテロメアーゼ酵素が染色体を保護する機序の発見\n【備考】真核生物の染色体末端部【分野】生物・医学\n【年度】2010年\n【名前】ロバート・G・エドワーズ\n【国籍】イギリス\n【受賞理由】体外受精技術の開発\n【備考】顕微受精や着床前診断、幹細胞研究の土台【分野】生物・医学\n【年度】2011年\n【名前】ブルース・ボイトラー、ジュール・ホフマン、ラルフ・スタインマン\n【国籍】アメリカ、フランス(ルクセンブルク)、カナダ\n【受賞理由】自然免疫の活性化に関する発見、樹状細胞と獲得免疫におけるその役割の発見(スタインマン)\n【備考】【分野】生物・医学\n【年度】2012年\n【名前】ジョン・カートン、山中伸弥\n【国籍】イギリス、日本\n【受賞理由】成熟した細胞に対してリプログラミングにより多能性(分化万能性)を持たせられることの発見\n【備考】人工多能性幹細胞(IPS細胞)【分野】生物・医学\n【年度】2013年\n【名前】ランディ・シェクマン、ジェームズ・ロスマン、トーマス・スードフ\n【国籍】アメリカ、アメリカ、アメリカ(ドイツ)\n【受賞理由】細胞内で生成されたタンパク質を細胞核などの目的の場所まで運ぶ仕組み(小胞転送)の解明\n【備考】【分野】生物・医学\n【年度】2014年\n【名前】ジョン・オキーフ、マイブリッド・モーセル、エドバルド・モーセル\n【国籍】アメリカ(イギリス)、ノルウェー、ノルウェー\n【受賞理由】脳内の空間認知システムを構成する細胞の発見\n【備考】海馬における場所細胞を発見【分野】生物・医学\n【年度】2015年\n【名前】ウィリアム・C・キャンベル、大村智、屠ユウユウ\n【国籍】アイルランド(米)、日本、中国\n【受賞理由】線虫の寄生によって引き起こされる感染症に対する新たな治療法に関する発見、マラリアに対する新たな治療法に関する発見(屠)\n【備考】【分野】生物・医学\n【年度】2016年\n【名前】大隅良典\n【国籍】日本\n【受賞理由】オートファジーの仕組みの解明\n【備考】細胞内のタンパク質を分解するための仕組みの一つ。自食作用。【分野】生物・医学\n【年度】2017年\n【名前】ジェフリー・ホール、マイケル・ロスバッシュ、マイケル・ヤング\n【国籍】アメリカ\n【受賞理由】概日リズムを制御する分子メカニズムの発見\n【備考】体内時計の制御に関連する主要な遺伝子を同定。時間生物学【分野】生物・医学\n【年度】2018年\n【名前】ジェームス・P・アリソン、本庶佑\n【国籍】アメリカ、日本\n【受賞理由】免疫チェックポイント阻害因子の発見とがん治療への応用\n【備考】PD-1を阻害するがん免疫療法、のちにニボルマフ(商品名オプジーボ)の開発に繋がる【分野】生物・医学\n【年度】2019年\n【名前】ウィリアム・ケリン、ピーター・ラトクリフ、グレッグ・セメンサ\n【国籍】アメリカ、イギリス、アメリカ\n【受賞理由】細胞による酸素量の感知とその適応機序の解明\n【備考】がん抑制遺伝子であるVHLによる低酸素応答の仕組み【分野】生物・医学\n【年度】2020年\n【名前】ハーベイ・オルター、マイケル・ホートン、チャールズ・ライス\n【国籍】アメリカ、イギリス、アメリカ\n【受賞理由】C型肝炎ウィルスの発見\n【備考】抗ウィルス薬レジパスビル.

宇都宮線 グリーン車 トイレ 場所, セサミストリート キャラクター 設定, ピックアップ ポールピース 調整, ムスカ おもしろ 動画, ホテル バー 服装 男 夏, 靴 消臭剤 最強, Chrome タブバー 非表示 スマホ, ハイエース ワイド ディーゼル4wd カスタム, 青森 新幹線 パック, フェイタルバレット 序盤 武器, Fusion Drive 解除できない, 留学生 28時間 起算 日, ジョーイ キング 破局, 黒い砂漠 覚醒武器 クエスト, 久喜駅からモラージュ菖蒲 バス 定期, Ja 定期預金 キャンペーン 2020 神奈川, ノートパソコン 14インチ 大きさ, ドラえもん 生地 2020, 写真 並べて印刷 フリーソフト, もののけ姫 気持ち 悪い, 高齢者 お祝い の歌, バイク ディスクロック 後輪, 黒い砂漠 偽遺跡の鍵 選択,

Leave a Reply